CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< あけましておめでとうございます。 | main | さといも >>
ちょっとさみしいけど幸せな永遠の眠り...
0
    4月3日朝7時半、年輩の女性からお電話を頂きました。コンテナボックスに荷物を入れたいから...と。
    今日荷物をみながら大きさを決めましょうと約束。
    10時か11時にお邪魔する予定にしていましたがまた8時50分にお電話。ご主人が亡くなられたとの事。コンテナをいそいで手配してコンテナ内に荷物をいれてタンスもどかしてご主人を寝かせてあげてみなさんにお別れに見えて頂くという事だったので急に急ぎましょうという事になりました。
    9時30分頃到着したらご姉妹の方がみんなで病院から到着されるご主人の
    為に場所をあけてしらっしゃいました。荷物を出してお待ちしていたら12時くらいにご主人が帰られました。最愛の奥様は今朝のお電話の方です。ご主人は90歳になられるとの事。タンカーでご主人をおうちに運ぶのに
    葬祭センターの方と私以外は全員70歳以上。力のありそうな体形の私が葬祭センターの方とご主人をお家の中に運ぶ事となりました。
    転ばないように気をつけて気をつけて。無事に運び、ほっとしました。

    お布団に寝かされて最愛の奥様がご主人の手をさすっていらっしゃったけどきっと冷たくなっていらっしゃるんだろうなと初めてお会いしたのにお別れで涙涙になってしまいました。

    私はあんな風にかわいい80歳の良い妻になれるでしょうか。ふと反省して
    私のこの出来事は不動産の仕事の中で何かを上手に教えられたようなそんな気がしました。コンテナボックスの17850円/月の賃貸からこんな悲しいけれど素敵な出会いと別れに携われて不思議な気持ちで帰ってきました。
    帰りに私の分のお弁当を頂いて、たけのこご飯のお弁当。毎年これからたけのこご飯を食卓に並べるたびにいい奥さんにならなきゃと反省できるのかなと思います。
    とりこんでいらっしゃるのに私にまで気を遣って頂いてお弁当まで頂いてお手伝いされている姉妹の方もあたたかくて居心地がよかったです。奥さん気を落とされていないかな...ちょっと心配な今日このごろです。
    | - | 22:04 | comments(0) | - | - | -









    このページの先頭へ